ZOZO社長 ツイート謝罪 宮迫・田村会見に「くすっと」で炎上

ニュース

出典:https://twitter.com/yousuck2020


ZOZOTOWNを運営する、株式会社ZOZOの前澤友作社長は7月21日、

前日に行われた宮迫博之さんと田村亮さんの謝罪記者会見への自身のツイートが

炎上した件について謝罪しました。

 

なぜ前澤友作社長が謝罪することになったのか、その経緯と

世間の反応を調べました。

スポンサーリンク

ZOZO社長 ツイート謝罪 宮迫・田村会見に「くすっと」で炎上…内容

事の経緯が書かれたニュース記事がありました。

ZOZOの前澤友作社長(43)が、吉本興業から契約解除されて会見を行ったお笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)に関する発言で批判を浴び、真意を説明して謝罪した。

前澤氏は20日、「宮迫さんの会見ちょっと見たけど、神妙な顔して謝罪してるのになぜかくすっと笑ってしまった。存在や佇まい自体が面白いキャラ確立してるってすごいことだよな。まだまだ活躍する人だなって思った」とツイート。続けて「会見場の雰囲気やライティング、お二人のメイク、事務所の暴露話、どれをとってもしっかり作り込まれているように感じた。とても反省はしているんだろうけど、このお二人、いろいろ諦めていないと思う」などと分析した。

このツイートに批判の声が多数寄せられ、21日に「ただ謝るだけでなく、事務所とのやり取りなど真実を伝えようとする会見でのお二人の真摯で反逆的で諦めない姿を見て、まだまだ活躍して欲しいと応援のつもりでツイートしたんですが、伝わりませんでしたね。すみません」と真意を説明して謝罪。「いつも笑かしてくれる人の泣いている姿に感情が異常に刺激され、ここは冷静に斜め上からと思って書きましたが、ストレートに言うと『負けるな頑張って!』です」と、あらためて宮迫らへの思いをつづった。

表示できません - Yahoo!ニュース

 

実際のツイートがこちらです。

 

これは…本人からしたら特に悪意もなくただつぶやいてしまったのでしょうが、

これを世間の人が見たら確かに問題視されてしまうでしょうね。

 

ただ、個人的には、前澤友作社長が言ったことがわからないでもないような…。

時々、いる気がします。

お葬式でどうしようもなく面白くて笑っちゃいそうになる人。

 

そんな感じで、あまりにも周りがしんみり、暗い顔をしていると

反射的に笑ってしまうという人がいると思います。

 

心理学的にはこれを、「失笑恐怖症」といい、対人恐怖症の一つとされているそうです。

笑ってはいけない場面で笑ってしまうメカニズムは、

極度に緊張したり不安や苦痛を抱えたりしているときにその恐怖心を回避するため、

笑ってはいけない状況の緊張感や恐怖心に耐えられず、そのストレスを緩和するためとされています。

 

前澤友作社長の今回のツイートも、失笑恐怖症に近いのではないかと感じました。

 

だとすると、それだけ宮迫さんが真剣に言葉を生み出していたのだと思います。

反面、田村亮さんはげっそりやつれて別人のようでしたので、

見ているこちらが苦しくなるほどでしたが。

 

あと、ライティングとかメイクのことについては、正直意味が分かりませんでした。

 

そして、この前澤友作社長のツイートに対して、以下のような批判的な

コメントが相次ぎました。

 

まあ、そりゃこうなるよね、という感じですかね。

影響力のある社長という立場の方ですから、もう少し、

発言に気をつけたほうが良いのかな~という気はします。

 

これらの批判を受けて、前澤友作社長は謝罪のツイートを新たに投稿しました。

 

応援しているのは伝わってきましたが、多分問題はそこではなくて。

表現が悪すぎましたよね。

でもまあ、批判を受けて分かったようですし、人間間違えることはありますから、

そんなにボコボコに叩かなくてもいい気がしました。

 




ZOZO社長 ツイート謝罪 宮迫・田村会見に「くすっと」で炎上…世間の反応

この一連のツイートに対して、ネット上の反応を見ていきたいと思います。

裏を狙いすぎ
よく読めばいいたいことはわからないでもないけど、人と違う視点アピールをするところがまだまだ小さい男だなと思う。
人の会見を使った自己顕示がすごい。

 

前澤氏は自分の立場、立ち位置を理解、認識していないと思う。
本人がSNSで発信するべきは経営者としての経営理念やネット上でのファッション業界の在り方、これからの展望だろう。
この様なコメントは誰かからインタビュー等で振られれば答えても良いとは思うが、自ら意見するのは、何かに付けて“自分は世間のオピニオンリーダーだ”という自惚れ、勘違いがあるのではないか。

 

経営者として、もし自分の会社で同じなような事があったらどうするかなどをつぶやくなら分かりますが、視聴者の1人として呟いたとしたらそこまで変な分析をして話す必要がなかったと思います。
2人が諦めてないと思ったならその部分を言えばいいだけで、ライティングとかメイクとかの件が意味不明なんですよ。

 

どう感じて、どう受け止めるかは個人の問題で他人がとやかく言うものではないですね。
宮迫さん自体がそう受け止められるような雰囲気を出していたからそう受け止める方が中にはいるぅてだけの事ですね。
ただ公の場である地位を持った方が意見する時には気をつけないと心ない人から攻撃を受ける可能性はありますね。

 

やっぱりこの方は、ずれているのかなと思いました。
経営者は奇天烈な方が成功する可能性もあるかもしれないが、人間性を疑うような経営者はダメでしょう。

 

ひねった表現は真意が伝わってこそ。伝える能力が欠けている人はやめといた方がええな。センスのなさが露呈されるだけ。

 

本当に懲りない人だね
ボキャブラリー少ないんだから斜め上とか無駄な事をしないで端的に言えば良かったのに
もうなに言っても炎上するとは思うけどね

 

確かに最初は演技に見えた。
だがところどころ迫真に迫る空気を感じた。

だから、ああいうやつなんだよな、宮迫って。
売れてる人は皆、独自の「人の引きつけ方」を持ってる。

ビジネスモデルと一緒。
芸人それぞれ、千差万別な、引きつけ方というビジネスモデルを持ってる。

人を覗き込むのが楽しいのは、だからだな。

植物や動物と同じ、

生存戦略は様々。

中でも一番大きな影響力を持つのが松ちゃん。

その手の内はそれぞれが皆明かさない。
明石家さんまも、明かさない。誰も明かさない。

将来、aiが人を超えて神になったとき、これらもすべて解明される。
それぞれのビジネスモデルがデータ化されて、見えるようになる。
神の目はごまかせない。
人が、人の正しい心が神を生み出す。

 

誤解が多いで済ましてるけど、この社長の心の奥底に問題があるんだと思う。

経営は成功したか分からんが、世間を語るには未熟。

 

言葉を選ばなかった点があかんかったと思う

二人を応援の気持ちからではなく
上手くやってるなと言いたかったのは
伝わってきた

嘘をついたのは事実で
そう思うのは当然なんだが
上から目線過ぎたな

 

前澤氏は相変わらずというか。でも世間も世間で手のひら返しが凄い。前澤氏の言うことも一理ありで、芸人さんだからよく見られようと多少の演出もあると思う。真実は語ってるのは伝わってきましたけど。

 

 

批判の声も、擁護の声も、様々にありました。

 

ZOZO社長 ツイート謝罪 宮迫・田村会見に「くすっと」で炎上…まとめ

ZOZOの前澤友作社長は、宮迫博之さんと田村亮さんの謝罪会見に対して自身が

投稿したツイートについて批判が殺到した件で謝罪しました。

 

前澤友作社長は度々問題になっていますが、ツイートを投稿する前に

一度誰かに見てもらうようにしてみては…?と思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました