主婦の生活に役立つ情報をお伝えしていきます

肝っ玉母ちゃんの生活の知恵

テレビ ニュース 映画 芸能 音楽

神谷明 恩返しより「恩拡散」!?コナン降板理由が衝撃…息子は声優神谷浩史?

投稿日:

スポンサーリンク


人気ベテラン声優の神谷明さんが、Yahoo!ニュース特集で、
自身のこれまでの声優人生について語りました。

https://news.yahoo.co.jp/feature/1219

 

この特集をまとめると、

  • 忘れられない恩があり、それを返している途中
  • 精神的に追い詰められながらも演劇の世界に飛び込む
  • 徐々に声の仕事が増えるようになり、劇団を辞め声優になる
  • 第二次声優ブームの真っ只中でアイドル的人気を博す
  • 毎回試行錯誤することを楽しみながら演じている

といった内容でした。

 

この記事では、この特集の詳細についてや、
神谷明さんの代表作品、コナンの降板理由や、声優神谷浩史さんとの
関係についてまとめていきます。

 

スポンサーリンク

神谷明 恩返しより「恩拡散」!?コナン降板理由が衝撃…息子は声優神谷浩史?内容

今回、神谷明さんは、Yahoo!ニュース特集にて、
「声だけの世界」と、後輩たちへの思いについて、語りました。

 

大事に育ててもらった

神谷明さんが初めて「シティーハンター」こと冴羽獠を演じたのは、
今から約30年前、40歳の時でした。

 

神谷明さんは、
「歯切れもいい、滑舌もいい、まさに役者として脂の乗り切った時期でした。
1年でも早かったらできなかったかもしれないと、今でも思います」

と語っています。

 

20代の頃はロボットアニメへの出演が多かった神谷明さん。

その後、『うる星やつら』面堂終太郎
『キン肉マン』『北斗の拳』ときて、
その後オファーが来たのが、『シティーハンター』
冴羽リョウ

「冴羽リョウは全部持っているキャラクターなんです。
あの顔からはとても想像できない声を出しても、
全部受け入れてくれるんですよ」

と語っていました。

 

恩返し…ではなく恩拡散かも

神谷明さんは、若い頃から、初代ジャイアンの声で知られる声優のたてかべ和也さんに、
よく面倒を見てもらったと話します。

 

たてかべ和也さんは、若かりし神谷明さんに、

 

「自分もひとり親で苦労してきたから、
(同じ境遇の)お前がどこまで頑張れるか、俺は応援してるんだ」

 

と話し、食事に連れて行ってくれたり、出演する番組に
神谷明さんを連れて行って人脈を広げてくれていたそう。

 

また、劇団の先輩だった中江真司さんは、
「自分(中江真司さん)には恩返しするな」と話したそうです。

 

これは一体どういうことなのか、話の続きを聞いた神谷明さんはハッとします。

 

「神谷な、俺たちもそうだったんだけど、それはお前の後輩に返せ」

 

これを見て私は、恩返しするというよりは、先輩から与えられた恩を、
若い世代に拡散させていくという風に感じました。

 

こうして、いざ決心した神谷明さんは、後輩の林原めぐみさんに
「恩返し」をすべく、たてかべ和也さんや中江真司さんに
してきてもらったように振る舞いました。

 

その甲斐あってか、めきめきと声優界で活躍する林原めぐみさん。

これを見た神谷明さんは、とても嬉しくなったそうです。

 

母子家庭で苦労した青年時代に演劇と出会う

神谷明さんが初めて演劇に触れたのは、高校生の時。

 

珠算部だった神谷明さんは、クラスメートに
「メンバーが足りないから」と頼まれて入部した演劇部で、
3年生送別会の芝居の主役に選ばれました。

 

そこで「演じる」ということに興味を持ちました。

 

高校卒業後、料理人見習いや、大御所歌手の付き人などの仕事をするものの、
やはり演劇への情熱が忘れられず、横浜のアマチュア劇団に入りました。

 

そこで2年半演劇を学んだ後、プロの劇団を探して入ったのが、「テアトル・エコー」でした。

 

その仕事の一つに、アニメのアテレコがありました。
次第にアニメの仕事が増えるようになり、劇団のキャスティングから漏れるようになった神谷明さんは、
とうとう声優一本で行く決意をします。

 

そこから現在まで、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで
声優界のスター街道を突き進んできた神谷明さん。

 

そんな神谷明さんも、役を演じる時は毎回試行錯誤しながら悩んでいるそうです。

 

初めは、アイドル的人気の声優で、プレッシャーも大きかったという神谷明さん。

 

しかし、ある時に「一つでも二つでも上手くできたら喜ぼう」と考え方を変えたことで、
演じることの楽しさを感じるようになったそうです。

 

そして、今回劇場版アニメとして20年ぶりに「シティーハンター」の冴羽リョウのオファーがきました。

神谷明さんは、この様に思ったそうです。

 

「『果たしてできるのだろうか』と。
獠ちゃんは普段の会話は僕の地声に近いんですが、つくった声であれば、
自由自在におしゃべりもできるし、とちることもないんですよ。

ところが地声だとごまかしが利かない。50代に入るころからどんどん衰えがくる。
でも演技は今のほうがうまいんです。逡巡しましたが、やることに価値があると思いました」

 

ファンからしたら、20年ぶりにまた冴羽リョウが帰ってくるということで、
大変嬉しいことですよね!

 

最後に神谷明さんは、若手の声優に向けて、メッセージを送りました。

 

「いつの時代も競争はあるし、そこで夢を諦めずに、
頑張ってみることが大事なんだろうと思います。

並の努力では(声優には)なれないから。なったらなったで、生きるのが大変なんです。
特に今は仕事に比しての人数が多すぎて。

僕は、今のアイドル声優といわれている人たちにはエールを送りたい。
自分がそうだったから。はしりだもん。

で、人気のあるうちに実力をつけてねって。人気は続かないから」

 

苦労を乗り越えてきたからこその、言葉の重みがありますね…。




 

神谷明 恩返しより「恩拡散」!?コナン降板理由が衝撃…息子は声優神谷浩史?劇場版シティーハンター公開!

さて、そんな神谷明さんが主人公「冴羽リョウ」を演じる、
「劇場版シティーハンター<新宿プライベート・アイズ>」が2月8日、ついに公開されます!

 

20年ぶりのシティーハンターということで、
久々の新作が見られるなんて、最高ですね!

 

「シティーハンター」とは?

1985年、北条 司が『週刊少年ジャンプ』連載を開始したのが『シティーハンター』
1987年にはTVアニメが放送スタートし、1999年放送のTVスペシャルまで至る大ヒットシリーズとなりました。

 

劇場版シティーハンター<新宿プライベート・アイズ>あらすじ

裏社会ナンバーワンの腕をもつシティーハンター冴羽獠は、

普段は新宿に事務所を構え、相棒の槇村香と様々な依頼を受けている。

 

そこに、何者かに襲われたモデル・進藤亜衣がボディーガードを依頼にやってきた。

美女の依頼を快諾した獠だが、撮影スタジオで更衣室を覗いたり、もっこり全開のやりたい放題…。

 

亜衣がキャンペーンモデルを務めるIT企業の社長・御国真司は、なんと香の幼馴染。

撮影現場で久々に香と再会した御国は彼女をデートに誘う。

しかし、獠は香に無関心で亜衣にスケベ心丸出し…。

 

一方、海坊主と美樹は傭兵が新宿に集結する、という情報を入手した。

そして、傭兵達は何故か亜衣を狙うのだった…

 

敵の正体を探る冴子が直面する巨大な陰謀!

来日する大物武器商人・ヴィンス・イングラードと最新兵器――

御国の登場により、すれ違う獠と香。

 

シティーハンターは亜衣と新宿を護りぬくことができるのか!?

 

声優陣は冴羽 獠役の神谷 明、槇村 香役の伊倉一恵をはじめ、オリジナルキャストが“奇跡”の再結集。

獠に依頼をする美人モデル、進藤亜衣役に本作が声優初挑戦の飯豊まりえ、

香の幼馴染で気鋭のIT企業経営者、御国真司役に山寺宏一、

さらに特別出演としてチュートリアル・徳井義実がゲスト参加する。

 

完全オリジナルストーリーということで、ワクワクが止まりません!

 

劇場版シティーハンター<新宿プライベート・アイズ>予告編動画

エンディングテーマには、アニメ放映時と変わらず、
TM NETWORKさんの「Get Wild」が使用されているなど、
ファン心理を盛り上げる演出が随所に散りばめられているようです!

 

これは映画館で観るしかないですね!!!

 

神谷明 恩返しより「恩拡散」!?声優としての代表作品

神谷さんの代表作品は、以下のような作品があります。

 

『北斗の拳』…ケンシロウ役

甲高い声で、「あたたたたたたたたー」と攻撃する様子は、
誰でも一度は見たことがあるかもしれません。

 

『うる星やつら』…面堂終太郎

代々武家でとてつもない財力を持つ面堂財閥の跡取り息子。
嫌味な感じと憎めないキャラクターを見事に表現されていました。

 

『キン肉マン』…キン肉スグル(キン肉マン)

完全に三枚目なキャラクターのキン肉マン。

コミカル一直線と言った感じでキン肉マンに命を吹き込んでいました。

 

『シティーハンター』…冴羽獠

「冴羽獠」役は、神谷明さんの最大の代表作といっても良いかもしれません。

大ヒットとなったこの作品は神谷明もお気に入りであり、
所属していた事務所を退所した後に立ち上げた事務所は
なんと、「冴羽商事」という名前にしているくらいです。

 

『名探偵コナン』…毛利小五郎

これも超有名な神谷明さんの代表作ですね!
といっても、現在は後任の小山力也さんに引き継がれています。

名探偵コナン降板の理由は、後に説明しますね。

この毛利小五郎役も、普段の間抜けな「おっちゃん」と、
コナンが麻酔で眠らせたあとの「眠りの小五郎」の演じ分けが見事で、
役にピッタリはまっていました。

どの作品も、強烈な印象を残していて、キャラクターが生きているっていう感じがします。

個人的には、神谷明さんの声が当てられているキャラクターが出ると、
ものすごくワクワクします。

70歳を超えても未だ現役で活躍し続けるって、本当にすごいです!

 

神谷明 恩返しより「恩拡散」!?コナン降板理由は!?

さて、先程神谷明さんは「名探偵コナン」の「毛利小五郎」役を後任に譲ったと書きました。

では、なぜ人気絶頂の代表キャラと言っても良い役を突然降板してしまったのでしょうか?

 

その理由は、アニメ制作会社との契約トラブルにあったようです。

最終的に、神谷明さんは、自身のブログで以下のコメントを発表しています。

 

神谷明コナン降板理由のコメント

ご説明。

今回のブログにあった、信・義・仁についての疑問にお答えします。
実は、契約の交渉過程のことです。
制作会社の方との交渉中に、本来守秘義務の生じる契約内容について、
音声制作関連の団体および俳優関連の団体、さらに出演者の一部にまでその情報を、

悪意を持って伝えられてしまったのです。

 

当然、僕の帰る場所は奪われたわけで、それが今回の降板の、一番大きな理由でした。
さらにその方は、僕の書き込みより早く、一部のブログに僕の情報をリークし

(少し問題になりましたね。すぐ、消されましたが)、信頼関係(今回の僕の発表につながる)を失わせました。

 

その方は、責任のある立場にあり、そのブログに書かれた時点で、

そんな方のために男気を発揮し、下ろされることを選択したことにばかばかしさを覚えました。

 

そこで、ある方に仲裁(復帰のための)をお願いしたのですが、

ご尽力のの甲斐もなく、最終的に制作委員会側に拒否されてしまいました。

 

契約問題に関しては、先方のご努力で、合意ラインに達していたことを思うと、残念でなりません。

 

これが、今回の経緯です。

しかしこれも全て、自分の身から出た錆と、ブログの中で「不徳の致すところ」と言う表現を使いました。

 

降板、後輩に道を譲る、きれい事ですが、僕の身体に何かあったと思われかねません。

事実、僕の健康を気遣うコメントもいただきました。

 

ただ、最後に申し上げますが、「名探偵コナン」 という作品には何の責任もありません。

また、その作品を汚すことは、僕自身一番避けたいことです。

「名探偵コナン」 は、これからも良心的なアニメとして、アニメ史に輝く作品であり続けると思います。

 

しかし、今回の事で、「名探偵コナン」 という素晴らしい作品のイメージダウンに繋がったとしたら、

申し訳ない気持ちで一杯です。

 

コナンファンの皆様、関係各位、特にアニメ関係のスタッフ、キャストの皆様、

さらに小学館、青山剛昌様、どうぞお許し下さい。

 

ファンの皆様、これからも「名探偵コナン」 を応援して下さい。どうぞよろしくお願いします。

 

神谷 明

 

と、この文面だけではよく分かりませんが、次のようなことらしいです。

 

1→TVシリーズの契約問題は合意ラインに達する

しかし映画や二次使用の権利についてはまだ合意ラインに達していなかった

「責任ある立場」の「その方」にとってトータルで考えると合意ラインからは遠く

2→「その方」が、悪意を持って神谷氏の主張を関係者や共演者等に吹聴

3→神谷氏が「帰る場所は奪われた」と感じる程、現場に居辛くなってくる

4→神谷氏が交渉責任者であるその方の立場も鑑み「男気を発揮し」降板を受け入れる

まさに契約更新したくない「その方」の計画通りの展開になった

5→「その方」が親戚のフリーター女に情報をリーク

6→フリーター女がmixiのカード探偵団コミュの雑談トピ2にリーク

7→それを見たあやしろがさも自分が仕入れた話のようにmixiのコナンコミュに書き込み

8→降板騒動になるがすぐ沈静化

9→それを知った神谷氏は「その方」の所為で役を降りるのが馬鹿馬鹿しいと感じる

10→再度別の関係者(ある方)に頼んで再交渉

11→しかし時既に遅く最終的に制作委員会側に拒否され降板決定

(引用 2ちゃんねる)

 

本当かどうかは定かではありませんが、こんなもめて降板したというのは悲しいことです…。




神谷明 恩返しより「恩拡散」!?息子は声優神谷浩史?

最後に、巷で噂されている、神谷明さんの息子が声優の神谷浩史さんではないかという説です。

結論から言いますと、これは真っ赤なウソです。

神谷浩史さんがラジオ番組で
「(神谷明さんは)僕のお父さんです。」
と冗談を言ったことで、その噂が出回るようになりました。

ですが、冗談を言った後すぐに本人が否定しています。

しかし、ラジオ番組のスタッフの中には5年間も本気で親子だと
信じていた人もいたそうですから、驚きです…。

同じ名字で、同じ声優という職業ですので、
信憑性が増してしまったのだと思われます…。

 

おわりに

今回公開となる劇場版シティーハンター<新宿プライベート・アイズ>、
当時のアニメファンを満足させる仕掛けがたっぷりだと聞いておりますので、
映画館で観るしかないですね!

スポンサーリンク

関連記事(一部広告)



-テレビ, ニュース, 映画, 芸能, 音楽

Copyright© 肝っ玉母ちゃんの生活の知恵 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.