メキシコ軍 中国マフィア 制圧 密漁されたトトアバってどんな魚?希少イルカも巻き添えに

グルメ


メキシコ、カリフォルニア湾でこの度、

絶滅危惧種である「トトアバ」という魚が大量に密漁され、

中国へ密輸されたことが問題となっています。

 

今年4月、メキシコの海軍が、トトアバの密漁船20隻を発見、

拿捕しようと試みました。

 

すると、その船からは石を投げられ、さらに武装したグループが

重火器で攻撃してきたそうです!

メキシコ軍は機関銃で応戦し、そこでは数十人が逮捕されたとのこと。

 

不審船の内部からは2万匹ものトトアバが発見されたということです…。

 

2万匹ですよ、2万匹…!

 

異常です。

 

どうやら、この一味は、中国マフィアの集団だったそうですよ。

恐ろしい話です。

 

また、このトトアバが密漁されると、同時に捕獲されてしまい

生息数が激減している大変希少なイルカもいるそうなのです。

 

この記事では、このニュースの詳細や、

ネット上の反応などを調べてみました。

よろしければ、最後までご覧ください。

スポンサーリンク

メキシコ軍 中国マフィア 制圧 密漁されたトトアバって?希少イルカも巻き添えに…内容

今回は、こちらのニュースです。

メキシコ西岸のカリフォルニア湾で、絶滅が危惧されている高級魚、ニベ科の「トトアバ」約8億元(約130億円)相当を密漁し、中国に密輸したとして、中国司法当局はこのほど中国マフィアの構成員11人を起訴していたことが分かった。

彼らの狙いはトトアバの浮袋で、中国で若返りの効果があるとされる漢方薬として珍重されている。浮き袋を乾燥させた「魚肚」は、ナマコ、アワビ、フカヒレと合わせて「参鮑翅肚」と呼ばれ「中国四大海味」の1つ。

フランス通信(AFP)によると、メキシコ海軍の艦船が今年4月下旬の深夜、カリフォルニア湾内で、トトアバを密猟している不審船約20隻を発見、拿捕しようとしたところ、不審船からは大量に石が投げられた。さらに、武装した一団が重火器を使って抵抗したため、機関銃などで制圧し数十人を逮捕した。

不審船の内部にはトトアバが大量に貯蔵されており、その数は2万匹にも達していたことが分かった。

逮捕者はほとんどがメキシコ人だったが、そのなかに11人の中国人が含まれていたことが分かり、中国司法当局に連絡し、中国側に引き渡したという。

中国側の取り調べによると、彼らは中国南部広東省江門市を根城にしている中国マフィア組織の一味だった。

また、その後、メキシコ警察は4月下旬、飛行機の預け入れ荷物にトトアバの乾燥した浮き袋を大量に詰めて運ぼうとしていた中国人の男1人を逮捕した。男のスーツケース2個が強烈な異臭を放っており、なかを調べたところ、トトアバの浮き袋416個を発見した。逮捕された男は罰金600ドル(約6万6000円)を支払い、条件付きで釈放されたという。男は中国マフィア一味の仲間だとみられている。

中国や香港では、トトアバは乱獲がたたって絶滅危惧種に指定されており、現在は禁漁となっている。マフィア一味はここ数年、メキシコのカリフォルニア湾に頻繁に現れて密漁しており、乱獲のあおりで、カリフォルニア湾のトトアバも絶滅危惧種に指定されている。

表示できません - Yahoo!ニュース

 

正直なところ、「また中国か…。」

と思ってしまいました。

 

中国は、日本近海やアジアで乱獲・密漁を繰り返しているイメージが

強いので…。

 

それにしても、大船団を組んで、2万匹も密漁してしまうとは…。

 

トトアバの浮袋というのは、中国でよっぽど需要があるのですね。

メキシコ海軍さんは、グッジョブ!というか、お疲れ様です…。て感じです。

 

重火器と機関銃がよくわかりませんでしたが、

こんな感じでしょうか。

 

中国マフィア↓

 

メキシコ海軍↓

 

 

こんな武器で銃撃戦が繰り広げられたのでしょうか。

 

この時見つかったトトアバは、多分海に返せる状態じゃないですよね…。

どうなっちゃうのでしょうか。

 

あと、スーツケース2個に浮袋いっぱいに詰めて送ろうとした人も、

良くそんな強烈な臭いでばれないと思いましたよね…。

 

ところで、トトアバって、どんなお魚なのか気になりませんか?

 

調べてみました。

 

浮袋が高額取引され密漁が止まらない、「トトアバ」とは?

トトアバとは、スズキ目ニベ科の魚で、大きい物は2m以上、重さ100kgにもなる巨大な魚だそうです。

 

メキシコのコルテス海の北端にしか生息せず、絶滅の危機に瀕しているそうです。

何故絶滅しかけているかというと、上記のように、大量に密漁されてきた

歴史があるから。

 

トトアバの浮袋は、中国では薬用効果を期待して

古くから利用されてきたそうで、

乾燥させたものをスープに入れて食すようです。

 

食感は、スポンジのようにふかふかしていて、

油揚げの食感にも似ていると言われています。

 

ただ、味はなく、独特な臭いがあるそうで、

おいしいものではなさそうですね…。

 

 

このように、密漁を繰り返された結果、絶滅危惧種となっているトトアバ。

実は、このトトアバの密漁によって、同じく絶滅寸前に追い込まれている生き物が

いるそうです。

 

それが、「コガシラネズミイルカ」というイルカです。

 

 

トトアバ漁により絶滅寸前のコガシラネズミイルカとは?

コガシラネズミイルカは、鯨類最小のイルカで、

最大で全長150cm程度の小さなイルカです。

 

水深30m以上の比較的浅い層に生息しているため、

トトアバを捕るための刺し網漁で、網にかかって死んでしまうそうです。

 

希少価値の高いトトアバを狙った密漁が横行しているため、

それと共にコガシラネズミイルカも巻き添えを食ってしまっている状況です。

 

1997年のコガシラネズミイルカの生息数は567頭と推定されていましたが、

2016年の調査ではなんと約30頭とその数は激減してしまっています。

 

メキシコ政府は、国を挙げてコガシラネズミイルカの保護に取り組んでおり、

コガシラネズミイルカの生息域に保護区を設け、

トロール船が保護区内で漁をできないように定めています。

 

2017年には、訓練されたイルカを使って、

すべてのコガシラネズミイルカを海洋保護区に移すという大胆な計画を打ち出したものの、

最初に確保した個体が死んでしまい、中止を余儀なくされたそうです。

 

 

人間の欲にまみれた行為で、生き物が絶滅していくのは、

とても悲しいことです…。

 

しかし、なぜ中国の船はひとの国にずかずかと入っていって、

好き放題乱獲していくのでしょうか…。

日本も、メキシコ軍がやったくらい反撃しても…

 

だめなのかな。うーん。




 

メキシコ軍 中国マフィア 制圧 密漁されたトトアバって?希少イルカも巻き添えに…世間の反応

このニュースについて、ネット上では怒りのコメントが多く見られました。

ここでその一部をご紹介します。

 

日本も少しは見習おう。人道とか奴らには通じないし、仇で返されるだけだから。

 

重火器☓ → 銃火器 だよね。そうじゃなきゃ機関銃だけで制圧できない。

 

世界を食い尽くし、汚染を撒き散らす。拝金主義の、人というより虫。

 

廃油の食用油作る技術があるなら、浮き袋ぐらい作れるだろ。なんでこういうのだけ、天然物を欲しがるんだ?

 

日本もこのくらいやって欲しいもの。
日本領海でやりたい放題、全部沈めてしまえと言いたいよ。

 

日本もこのぐらいしてほしいものです。赤珊瑚はどうなったでしょう? 壊滅ですね。日本の領土と海洋資源を守りましょう。

 

本当に、中国を放っておいたら、膨大に絶滅増えるね。

 

マフィア?
誰も信じない。
彼らは船員に変装している武装人民軍。
中国軍は一般人に変装して活動する。
変装は中国軍の伝統的です。
帰国すれば英雄。

 

絶滅関係にはどこにでも中国人がいるな。
自己中心的過ぎて世界から嫌われてる事には気づいてないのか?
中国人が一番偉い的な思想なんだろうなw

 

自分の領海で獲れなくなったら、他の国の領海を荒らす・・・
中国人のやりそうなこと  日本も被害にあわないうに対抗準備を整える必要を痛感します

 

賛否両論あるとは思うけど自分はこの選択は間違ってないと思う。こうなるまでには1度ぐらいは警告をしたと思うけどやらなきゃ何度もやってくるし場合によっては殺されかねない。日本は得意の遺憾だの抗議しただのバカみたいなこと言ってるから甘くなめられる。ルールを無視すればどうなるっていうのを見せたいいお手本だと思う

 

中国に魚の美味しさを教えたのは日本人。
最近は鰻の蒲焼きさえ味を覚えたとか、世界の海から色々な魚が消えていく。
最近は有名な魚屋でも烏賊、蛸なんかめっきり見なくなった。
中国と云う国に寿司を持ち込んだ日本の罪は重い。

 

不良中国人は片っ端から摘発しないと・貴重な生物は地球上から消滅する。日本もメキシコを見習って欲しい。サンゴ・水産資源を奴等のトロール漁法など根こそぎ持っていかれて、対抗措置が出来ないのは、メキシコと違ってあの9条の縛りがあるので出来ないのではないでしょうか?

 

小笠原周辺にも中国のサンゴ密漁船が、200以上のボロ船で来ていたが、政府の嫌がらせ行為みたいだった。
抵抗できないと分かると、付け上がる韓国と同じ。
厳しく対応した方がいい。

 

先日パラオ海軍は中国の密漁船に警告ナシで銃撃し乗組員をブッ殺してましたよね。これでいいと思うので世界共通のルールにできないもんだろか。

 

中国人の海産物への執着(?)は異常だと思う。彼等は今が良ければそれで良いと言うか、何も考えていない。あるのは食への執着ではなく金への執着。30年程前にオーストラリアに留学していたが私のいた地域ではアワビが中国人に取り尽くされて絶滅したと言ってた。奴らは小さい物まで根こそぎ奪って行くと言っていた。
また環境への配慮も皆無、他国の法を犯そうが関係なし。
日本も日本海などの密漁監視を厳格化して武装も充実させ遠慮なく隣国共の違法漁船は拿捕しインドネシアの様に漁礁として沈めるべきです。

 

もはや世界の害獣と化してるな(笑)

 

 

このように、皆さん怒りが爆発しているようでした。

本当に、中国の行為には理解し難いものがあります…。

 

 

メキシコ軍 中国マフィア 制圧 密漁されたトトアバって?希少イルカも巻き添えに…まとめ

大変希少で市場価値の高い、「トトアバ」という魚を

メキシコで中国漁船が密漁し、メキシコ軍に確保されたというニュースでした。

 

トトアバ乱獲と共に、コガシラネズミイルカというイルカも同時に

絶滅の危機に陥っている現状も分かりました。

 

目の前のお金のためだけに行動する中国を放っておいたら、

世界中で生き物が次々に絶滅していってしまいますよ~!

悲痛な叫びで終わらせていただきます…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました